バイトでも有給休暇がもらえる!知らないと損する有給取得の権利とは!

バイトでも有給休暇がもらえるって本当?

有給休暇と聞くと、どうしても社員のイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかしバイトであっても一定の条件を満たせば、有給休暇を取得する権利があるんですよ。これは法律で認められている権利なので、こちら側が有給休暇を取得したいことを伝えると、事業主は拒否する権利はないんです。ただやはり事業主からしてみればあまり有給休暇は取得してほしくなかったり、事業主自身が知らなかったりして、教えてくれるところは少ないのが現状なんです。せっかく法律で認められているものなので、しっかり取得するようにしましょうね。

有給休暇が与えられる条件ってどんなものなの

有給休暇をもらうためには、ある条件を満たさないともらえないんですよ。その条件とは同じバイト先で6カ月以上継続して働き、なおかつ所定労働数の8割以上働いた場合は有給休暇が与えられます。でも所定労働数っていったいなんだろう、バイトにそんなものあるの?っと思う人もいますよね。所定労働数とは面接時やアルバイトを始めたときに、雇い主からあなたは1カ月に何日働いてくださいねっと、契約した日数の事をいいます。その為条件を満たせば週1日でも有給休暇は発生するんですよ。

有給休暇は何日もらえるの?

では有給休暇はいったい何日もらえるんだろうというと、基本的には社員の人と一緒で週30時間以上5日以上働いた場合は、6か月後には10日もらうことが出来ます。週30時間未満で6カ月以上働いた場合だと、週4勤務で7日・週3勤務で5日・週2勤務で3日・週1勤務で1日もらうことが出来るんですよ。そう考えてみると、ほとんどのバイトの人が有給休暇がもらえることになりますよね。ちなみに有給休暇は2年で失効していしまうので、その点は注意してください。

接客の求人は、一般的な求人サイトで充分に探すことができます。エリア指定はもちろん、給与もある程度は指定して調べられます。